見えないところで「アツい」気持ちで支えています

ろう付用フラックス

大気中において、大部分の金属の表面は常温でも酸化皮膜に覆われ、ろう付け時のように温度が上昇すると、その厚さも厚くなる。

金属と金属が直接接触するろう付けでは、この酸化皮膜を完全に除去することが必要で、これを化学的に行うのがフラックスの働きである。


なお、ろう付けを行う母材表面の錆などの厚い酸化物、コーテング材、油脂類、汚れなどを除去する作用はフラックスにはない。したがって、ろう付けを行う前にはそれらの異物を取り除く前処理が必要である。フラックスによってろう付け部が清浄化され、ろうと母材の金属面が直接接触することによって接合が行われる。更に、フラックスに添加された有効成分が析出することによって、ろう付部の性質をより向上させることもできる。