見えないところで「アツい」気持ちで支えています

インターナル(内面研削、内研)

軸付ホイール、内面研削、内研ともいいます。加工対象の穴の内側の壁部分の研磨・研削を行なうことや、それに用いる砥石そのものをインターナルと呼ぶこともあります。このタイプの加工には穴径にもよりますが、軸付砥石と呼ばれる先端部のみに砥石がついたタイプの工具や、棒状の外周に電着が施された工具などが使われます。


円筒研削盤などでは標準的な加工の方法で、砥石の形状に多くのバリエーションがあるのが特徴です。加工物の仕上げ形状に応じて、ほとんどの場合受注生産されています。極小のダイヤモンドホイールを内面研削に用いる場合もあります。研削盤の回転軸に取り付けるための軸を持つタイプのものを軸付ホイール、もしくは単に軸付とも言います。インターナルは工具そのものを指していることもあれば、加工様式を指していることもあるため、どちらについて言っているのか状況により判断が必要です。