見えないところで「アツい」気持ちで支えています

ショットブラスト

単にブラスト、あるいはブラスト処理とも言われます。加工方法のひとつで、小さな鉄球などを砂粒のようにして大量に吹きつけ(対象へぶつける球をショットといいます)、工作対象の表面を加工する方法のことです。幅広い業界・業種で使われる加工の一つで、密閉された内部に腕だけとおし、容器内に噴射していく手法が多く見られます。


ひどい目詰まりや目つぶれを起こした砥石の表面をブラスト処理することで、目をだしていくドレッシングに使われることもあります。また、錆を除去する加工や、部品の洗浄、意匠性に優れた表面を作るため、文字を刻印する、路面の塗装や汚れを剥がすなど様々な用途があります。砥石の製造工程では、砥層と台金の密着力をあげるために接着面をブラストで荒らして表面積を大きくすることもあります。


対象にあてる球(ショット)としては、セラミックス材質のもの、砂、鉄などの金属粉、けい砂、シリコンカーバイド粉末、ガラスビーズなどがあります。