見えないところで「アツい」気持ちで支えています

三価クロメートメッキ

従来のクロメート(六価)処理は六価クロムを使用するため、その毒性(主に発ガン性)について欧州の自動車メーカー労組から指摘があり、その後RoHS指令により環境負荷物質として六価クロムが指定され、欧州市場の製品全般、日本国内の家電業界が使用を廃止した事で、六価クロムの使用削減が一気に加速しました。この代替策の一つとして処理施設・処理工程が六価に近い三価クロメート処理が注目されました。

三価クロメートは、当初六価クロメートと比較した場合いくつかの弱点がありましたが、薬品の開発と処理技術が進み、従来弱点と言われていた部分はかなり改善されてきました。