見えないところで「アツい」気持ちで支えています

浸炭焼き入れ

鋼製品を浸炭後焼入れする処理。

対応英語(参考):carburizing and quenching

JIS G 0201 鉄鋼用語(熱処理)では、浸炭は以下のように定義されています。 定義:
オーステナイト(1種以上の元素を含むγ鉄固溶体)中に固溶している状態の炭素を、表面に富化させるために鉄鋼製品にオーステナイト状態で適用される熱化学処理。 

 

備考1. 浸炭した鋼は、焼入焼戻しを行って使用することが普通である。この処理を肌焼き(case hardening)ということもある。 
備考2. 浸炭剤の種類によって固体浸炭、液体浸炭及びガス浸炭に分けられる。