見えないところで「アツい」気持ちで支えています

超硬合金

超硬合金の特徴は硬度が高く、特に高温時の低下が少ないことである。このため、超硬合金が採用される分野は耐磨耗性を要求される分野であり、特に切削工具金型などに採用される。

 

代表的な超硬合金は、炭化タングステン(WC、タングステン・カーバイド)と結合剤(バインダ)であるコバルト(Co)とを混合して焼結したものである。超硬合金の材料特性を使用目的に応じてさらに向上させるため、炭化チタン(TiC)や炭化タンタル(TaC)などが添加されることもある。