見えないところで「アツい」気持ちで支えています

ND(天然ダイヤモンド)

砥粒として使うダイヤモンドのうち、特に天然ダイヤモンドをNDと表記することがあります。Natural Diamondの略で、合成ダイヤモンドのSDやSDCと区別されて使われます。なお、天然ダイヤモンドや合成ダイヤモンドを単にDとだけ表示する場合もあります。現行のJIS規格では、ダイヤモンドホイールの仕様表示のルールとして、天然と合成のダイヤを区別する記号は採用されていません。


砥粒としてのダイヤモンドはほとんどが合成されたものですが、より破砕性の優れたものとして、単石ドレッサーをはじめダイヤモンドを一つずつ使うタイプの工具に使われることがあります。実際にはほとんどのダイヤモンド砥石の砥粒は、大量のダイヤモンドの粒を使うため、工業的に見た場合に形状や品質にばらつきのある天然ダイヤモンドはあまり使われません。もっとも、ある種の工具では天然ダイヤモンドのほうが性能を発揮するため、特定のグレードのものが使われています。


人工ダイヤモンドは大半が工業用途、加工用の工具として製造されているため、品質の安定度や形状の同一性、サイズの均質度、破砕性の度合いのコントロールなどがしやすいと言われます。なお、天然ダイヤモンドはまず装飾品として使えるか否かの判断が見た目からなされ、こうした用途に使えないものが工業用途に回ってきます。